奈労連 | 奈労連・一般労組支援 上田公一

 4月の奈労連新聞

JUGEMテーマ:社会の出来事


  4月の奈労連新聞


森精機ついに本工切り
 

”退職者強要しない”と会社が回答【1面】


(株)森精機製作所奈良事業所(大和郡山市・中田拓所長)が奈労連に対して「現状の限りでは再度退職の募集などの施策は予定していません。(3月5日付け)」と文書で回答してきた。これは、奈労連一般労組が「2月26日に退職の強要や応じないものに労働条件の変更を強制しないように」と文書で申し入れていたことへの返書。奈労連一般労組として組合員からの文書申し入れも初めてだが、事業所長の文書回答も最初だ。


長浜キャノンは雇用も人権も守れ
 3月12日早

朝門前宣言【1面】

11日夜に全労連近畿ブロックが雇用守れと闘う滋賀・一般労組組合員を激励。12日6時起床で長浜キャノン門前宣伝にかけつけた。川辺和宏議長をはじめ奈労連建交労梅林光生委員長らが訴えた。門前にはじめて同社課長が出て、解雇撤回、期間工雇い止め撤回を求める要求書を受け取った。


”賃上げと雇用改善で景気回復を”と訴え

 トラック・自動車パレードに【2面】

近物レックスの大型トラックなどが大和郡山市から奈良市を走る


2010春闘
 職場激励訪問27職場に【2面】


奈良地方気象台・全気象のみなさんへ手渡す山崎副議長(左)


VGCL労働総連合幹部と交流
 はじめての奈

良、強い感動【3面】

3月28日、29日、ベトナム総連合(VGCL)代表団が来日、全労連とは定期協議を続けており、4月1日の全労連との交流を前に奈良県内の史跡めぐり、県庁では福田将人商工労働部長と懇談を行った。また、29日には全労働近畿ブロック川辺和宏議長、奈労連井ノ尾寛利議長、竹末和美事務局長らと交流した。


労働相談センターだより
 3月【3面】

3月の相談件数は、ホットライン(3月1日から3日間、13件、内-香芝1件、郡山1件)含め35件。内訳は、「解雇・退職勧奨」(雇い止め含む)が12件、「賃金・残業等未払」が9件、「組合結成・加入」が5件、「労働時間・休暇」が4件、「セクハラ・いじめ」と「労災・職業病」が各3件、「労働条件切り下げ」が1件など。

粘り強い追求

昨年11月15日、近鉄八木駅前で「なんでも相談」を行った際、山口(仮名)さんが相談。彼は、食品会社の警備で契約社員として2年働いてきたが、この間、有給休暇の請求等をした事によってか、一方的に雇い止め、解雇された。相談の上、奈労連一般労組に加入して、会社に雇い止め撤回、職場復帰を求め、交渉を続けてきた。粘り強い交渉の結果、本年3月、期間満了による退職、金銭和解を図った。


その他記事一覧

  • 勇気を持って組合加入 家族の思いは切実 (1面)
  • くらしの再生に門を開けるとき 京都知事選挙 門ゆうすけ候補を支援 (1面)
  • やすらぎの道 (1面)
  • 短信 (2面)
  • 春闘回答状況 (2面)
  • 辻忠の健康講座 (2面)
  • 労働情報 (2面)
  • 消費税によらない最低保証年金の実現を (3面)
  • 今月の映画 「ハート・ロッカー」 (3面))
  • 交流のひろば (4面)
  • この人紹介 一ノ瀬達也さん (4面)
  • おたのしみプレゼンんとつきクイズ (4面)
  • 町から村から職場から (4面)
  • 事務局長だより (4面)

●奈良県労連 井ノ尾寛利

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

奈良県労連 井ノ尾寛利
21世紀の労働組合づくりについて


 新しい仲間をいかに迎えるか。課題をいかに鮮明に打出せるか。組織拡大では、連合、上部組織を持たない労組の加入、タクシー労働者が自交総連や奈労連に加わってきたこと。オブ加盟だった生協や特養ホームが正式加盟し、奈労連一般労組が今年70名増やした。ますます元気である。

 いのち、仕事、平和を守る。奪う相手をはっきりさせる、破壊するのは誰か、はっきりさせることでたたかい方も決まってくる、と訴えてきた。権利侵害も許さない。労働相談は毎年400〜450件。成果を広げている。元連合委員長が裁判闘争の結果、職場復帰を果たしたり、学童指導員を復職させたり、争議も解決させている。勝利解決から多くを学び、仲間はみんな本当によかったと言っている。

 奈良交通の労災、認定事件について。運転中にハンドルに倒れこんで亡くなる事件があった。組合は何も言ってくれない、と一緒にたたかいを進めている被害者の奥さん。47歳の運転手も続けて亡くなったため、立ち入り調査があった。

 過労死防止は強調しすぎてしすぎることはない。こうした情勢で、全労連の果たす役割はますます重要になっている。

 今回の議案は、20世紀型の労働運動ではだめだという提起だと思っている。現在奈労連の専従配置は事務所に7名。アルバイト含めると10名でがんばっている。半分はボランティア。キャリアのある人ばかり。年金のたたかいでも共同センターの事務所となった。

 機関紙について。地方、単産から機関紙が送られてくるが、購読者、知恵、財政力、どう1つにしていくかを正面から議論することで、ナショナルセンターの質を変えていくと思う。奈良では、1万5千部発行している。連合組合員も有料購読者になっている。若者や多くの未組織の仲間の声を設けるのはどうか。

最新号 3月の奈労連新聞

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

最新号 3月の奈労連新聞


勇気とは家族を思い仲間を信じること
 リストラ

はごめんだ【1面】

(株)森精機製作所(本社愛知県)は、1月26日開催の取締役会で、「早期退職者優遇制度」実施を決めた。総勢400名、45歳以上の削減、「首切り」大リストラの強行だ。大和郡山市ではそのうち160名の削減(労働局への報告)をする。奈労連は「一方的な契約解除は許せないと」と訴えている。



会社の身勝手に職を奪われてよいのか
 争議

支援行動【3面】


2月16日、奈労連は争議支援行動として八木駅前での宣伝、県立医大への申し入れ、葛城地裁での建設新報社不当解雇撤回裁判の傍聴支援、解雇、不当労働行為とたたかう仲間への激励行為を行った。

県立医大で(橿原市)(2月16日)署名を提出する鈴木敦子さん、山本雅一さんら

近鉄八木駅前での争議解決宣伝行動では多くの人の関心を集めた

あなたの署名をNPTニューヨークへ届けます 

核兵器廃絶署名に全力【3面】


梅林さん(前議長)、藤垣さん(県年金者組合委員長・常任幹事)は4月末出発にむけて街頭署名行動をすすめている。9日にはJR奈良駅前で、16日には郡山市署名推進委員会の行動が展開され、筒井駅では109人が署名した。また、全国で広島・長崎市長らのよびかけにも応えた「首長賛同署名」がすすめられている。県内では、広陵町平岡仁町長が賛同している。


労働相談センターだより
 2月【3面】


2月の相談件数は、香芝3件、継続含め32件。内訳は、「賃金・残業等未払」が7件、「解雇・退職勧奨」(雇い止め含む)が6件、「組合結成・加入」が5件、「セクハラ・いじめ」が4件「社会・雇用保険」と「労働時間・休暇」が各2件「労働条件切り下げ」と「労災・職業病」が各1件など。組合加入は2人。


2009年3月8日 奈良民報より

JUGEMテーマ:社会の出来事


 
2009年3月8日

生活危機突破・雇用を守れ、派遣切りやめよ

奈労連
働くルール強化求め

関係団体に要請
        

川口県議会議長(右)に要請する梅林奈労連議長ら(2月27日)

日々、深刻化している経済危機を克服するため

にも、雇用の安定、賃金改善、中小企業経営の

安定などによる内需中心に転換することが、な

により求められています。非正規労働者の正規

化、不払い残業の根絶、休日・休暇の完全取得

という3つの「働くルール」を整備、強化するだけ

で約15兆円の内需が拡大するとの試算(労働

総研)もあります。


 奈良県労働組合連合会(奈労連、梅林光生議

長)と09奈良県春闘共闘会議は2月27日、奈良

労働局、奈良商工会議所連合会、奈良県経営者

協会、荒井正吾・奈良県知事、川口正志・奈良県

議会議長にたいして「雇用の安定、公共サービス

の拡充にかかわる要請」をおこないました。また、

3月15日には、『生活危機突破、雇用を守れ、派

遣切りやめよ、雇用・労働相談・生活の悩みの相

談、なんでも相談3・15奈良の働く仲間のひろば』

をJR奈良駅前広場(10:00〜14:30)で開催しま

す。

 2月27日、県庁を訪れた奈労連の梅林議長、井

ノ尾寛利・同事務局長らは、雇用労政課長と川口

県議会議長に要請書を手渡し、懇談。奈良県とそ

の関連職場で就労の場を拡大すること、医療・介

護・保育・教育などの安易な民営化はおこなわ

ず、必要な人員と処遇の確保を図ること、県に雇

用されている臨時・非正規職員の賃金を正規職員

との均等待遇を考慮し改善を図ることなどの6点

を要請。

 同日、奈良労働局には職を失った労働者への

「食と住」の生活支援に万全を期すことなどを求

め、経営者協会と商工会議所連合会には傘下の

企業に対して「派遣切り」などを行わず、雇用維持

の最大限の努力をするよう指導を求めるなどしま

した。

相次ぐ労働相談

  奈労連に注目!


 昨年末の「派遣村」をはじめ、非正規労働者が労

働組合に加入し、労働組合を結成してたたかいに

立ち上がっています。全国で60組織を超えていま

す。奈良県でも奈労連への相談、組合加入希望

者が急増。注目を集めています。


3.15は
JR奈良
働く仲間のひろばへ


 さらに広く、相談をしてもらおうと3月15日、JR奈

良駅前で「働く仲間の広場」が取り組まれます。労

働相談員、弁護士、税理士、組合役員などによる

雇用、労働相談、医師・看護師による健康相談、

生活保護など生活相談。農産物直売、あったかい

食事の提供、バザー。舞台では軽音楽やうたごえ

が取り組まれます。


各労働組合 御中

JUGEMテーマ:社会の出来事
 

各労働組合 御中

                        2010年2月24日

                        奈良県労働組合連合会

                        議長 井ノ尾 寛利


奈良自治労連 奈良医大職場不当労働行為事件


労働委員会傍聴のお願い



 標記、奈良自治労連の奈良医大実験動物飼育に携わってきた鈴木淳子さんの闘争で、労働委員会の第1回審問が決まりました。支援の傍聴を要請します。


1.日時   3月10日(水)13時集合 13時30分

2.場所   奈良県労働委員会

3.審問内容 当事者 鈴木さんの主尋問となります。

       みなさんの傍聴が鈴木さんの強い味方です。

4.時間通りに開始されます。審問の途中の出入りはしないでください。

5.支援していただきたいこと

     ・団体署名、個人署名

     ・宣伝行動  3月3日(水)7:50〜8:30 近鉄八木駅

            3月4日(木)7:50〜8:30 近鉄奈良駅

以上


 

医大職場 不当労働行為 


第一回審問 

   
鈴木さんの主尋問


3
10()1330分開始 


場所  奈良県労働委員会


    奈良市大森町
57-12(奈良総合庁舎5階)


集合  
13
 総合庁舎駐車場



交通アクセス




JR
奈良駅から


 
 
  JR
奈良駅東側中央出口より南(右手方向)へ徒歩10




近鉄奈良駅から



  市内循環バス内回りに乗り、大森町下車徒歩
3



職場復帰 解決金支払い

JUGEMテーマ:社会の出来事


2006年4月30日(日)「しんぶん赤旗」より

職場復帰 解決金支払い


奈良・野迫川村


労組敵視の排除に


社協職員が勝利




 奈良県野迫川村の社会福祉協議会職員・山本秀成さん(57)と妻和子さん(58)が、解雇を理由に住居から実力排除された問題で、村当局と山本さんの間で団体交渉が二十七日行われ、高田幸篤村長、中本完治同協議会会長が謝罪して「職場に復帰してほしい」とのべ、解決の示談書が取り交わされました。


 村・同協議会側が、三月末の三割カットの賃金引き下げ提案と解雇を撤回し、従来通りの賃金での職場復帰と、解決金を支払うことで合意しました。


 村当局は、山本さん夫妻が、労働組合に加入し、団体交渉を求めてきたことを敵視し、一方的に解雇してきました。そのうえ、四月一日朝、村職員ら二十数人が、住み込みで働いていた福祉施設「ゆうゆう苑」から家財道具一式を運び出し、強制退去させてきました。家財類は同施設内の敷地に野ざらしのまま放置されました。


 山本さん夫妻と、加入する奈良自治体労働組合総連合、奈良県労働組合連合会は、村当局ぐるみの不当解雇と人権侵害は許さないと県労働委員会などに申し立てを行い、二十五日には同村内で山本さんを支援する集会を開くなど、解決に力を尽くしてきました。


 

お知らせ

JUGEMテーマ:社会の出来事


お知らせ・行事予定






 

奈労連・一般労組の闘い

JUGEMテーマ:社会の出来事
 


奈労連・一般労連 某さんの闘い

県立医大(橿原市)業務請負を請負っていたKACを労働委員
会へ不当労働行為で申したて。


皆さんご支援を宜しくお願いします。

労働相談センターだより 10月の相談件数は、郡山1件、継続を含め32件。

JUGEMテーマ:社会の出来事


奈労連 

労働相談センターだより 10月

10月の相談件数は、郡山1件、継続を含め32件。
内訳は、「賃金・残業未払」が9件、「解雇・退職勧奨」が8件、「組合結成・加入」が5件、「労災・職業病」が2件、「社会・雇用保険」と「セクハラ・いじめ」が各1件、「その他」で雇い止め、退職金、昇給・昇格、賃上げ、精神障害、便最近の給料天引き等多数、など。
組合加入は5人。


基本的には70歳までの勤務を保障で合意


Aメンテナンス社の一方的な定年退職制導入について、会社と交渉の結果、吉田(仮名)さんらは、定年を70歳まで延長させた。やはり組合員と労働組合の力ですね。泣き寝入りしないで、労働組合に相談を!


家庭からの相談


ご主人が17年勤続して、12月末、退職予定で、9月25日に「退職願」を提出(有給休暇が1ヵ月以上残っているので、完全消化したいため)。会社は、10月末で辞めてくれ」と言った。こういう相談にはまず、ご主人の問題であり、ご本人がどう思っているか。本人の相談を待ちます。


なんでも相談村 奈良

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

お知らせ・行事予定






calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM