労働組合入門 | 奈労連・一般労組支援 上田公一

〔書評〕『15歳からの労働組合入門』(東海林智著)

〔書評〕『15歳からの労働組合入門』


(東海林智著)

体当たりで聞き一緒に泣いた!

                          北 健一(ジャーナリスト)
 著者、東海林智さんは毎日新聞社会部で健筆をふるう日本を代表する労働記者なのだが、これの本は新聞記者らしくない。最先端の労働問題(争議)を取り上げているのに、相手企業のコメントが載ってないし、ゲバラTシャツを着た「自分」が出てきて、しかもたいがい泣いている。

 誤解を恐れずに言えば、これは労働問題を描いた作品ではないのかもしれない。では何を描いたのか。徹底して「人」を描いた作品なのだ。

 たとえば三菱ふそうで雇止めされた鈴木重光さんが、「誰にも心を開かず、他人とも関わりを持たない」で自分を守っていた姿に接することで、読者は、ユニオンとの出会いとその後の歩みの意味が腑に落ちる。

 私も、日雇い派遣で生計を立てていたことがあって、鈴木さんの気持ちに当時の自分がすっと重なる。ここのところをわかっている人は、意外と少ない。だから「労働法の知識がないから、非正規は黙っている」などという薄っぺらな議論が横行するのだが、事態はもっと深刻だ。脅かされているのが生存そのものであることを、人情派記者は体当たりで聞き出し、一緒に泣き、新聞には書ききれなかったことを綴って読む者を引き込んでいく。同業者の端くれとして、行間から浮かぶ濃密な取材はまばゆく、妬ましい。

 派遣切りとその後、ダブルワークの高校生、過労死、秋田書店事件、ガソリンスタンドの職場再建……取り上げられるトピックスはそれぞれに重要だが、そこで悪戦苦闘する人々が「つながり」のなかで変わっていこうとする姿の活写こそ、私たちを惹きつける。その意味で本書は、すぐれた告発の書であるばかりでなく、人がつながりの中で自分を取り戻し拓かれていく物語なのだ。

人を描くために、著者は、まず自分をさらけ出す。話は、時として噛み合っていないようにも思えるが、働く若者の絶望と希望が熱い文章を通じて私たちの胸に迫る。とくに、派遣切りされたマリンさんと彼女の友人のくだりには、不覚にも涙が止まらなかった。

帯にある「労働組合の新たなヴィジョン」はどこに出てくるのかと読み進むと、巻末にPOSSEの今野晴貴さんと首都圏青年ユニオンの神部紅さんと著者の座談会が収録されている。その趣は本文とはかなり違い、とくに労働運動に携わる者に触発的だ。

職場に基礎を置かない運動スタイル?について、私はやや違う意見だが、「働き方をめぐる新しい社会運動」の萌芽のようにも思える。限定正社員をめぐって今野さんが言う「今までの日本型雇用では、結局は会社の命令をすべてきかなくてはいけない」という指摘も違和感があるのだが、この予定調和でない議論に加わりたくなってくる。

労働組合を基盤とする出会いとつながりが、企業によって傷つけられた人間を再生する場になりうることを鮮やかに描いた本書が、切実に必要とされる人に、届いて欲しい。祈るような気持ちで、強烈なインパクトの表紙の本書を閉じた。

*毎日新聞社刊・1400円(税別) 


シリーズ労働組合入門 〜その6 労働組合結成の準備

JUGEMテーマ:社会の出来事


シリーズ労働組合入門 〜その6 労働組合結成の準備


労働相談センター・スタッフ日記より   シリーズ労働組合入門


シリーズ労働組合入門 〜その6 労働組合結成の準備


 会社の横暴から働く者が自分たちの権利を守ろうとするならば、働く者の団結体である労働組合がどうしても必要となります。職場の仲間も心の中ではあなたと同じように労働組合を望み、誰かが声を上げるのを待っているのです。 

 さあ、勇気をもって立ち上がり、今の職場を自分たちの力で働きやすい明るい職場に変えるため、職場に労働組合を作りましょう。


 しかし、労働組合の結成を歓迎する経営者はいないといっていいでしょう。そこで労働組合の結成にあたっては慎重に、十分な準備をして事を運ぶ必要があります。


 まず、全国一般東京東部労働組合のような地域の誰でも加入できる<地域労組・ユニオン>に職場の心ある有志で相談に行きましょう。会社には秘密で労組結成準備会を作り、職場の仲間を増やしていき、その間に労基法・労組法を勉強しましょう。

 御用労組に注意!
 労働組合を作る時に気をつけたいことは、「名ばかり労働組合」「御用労働組合」です。正社員しか入れてくれない労働組合や会社の味方ばかりして、実際は労働者をいじめてくる労働組合もあります。大企業の会社内の労組に多いので、ここには相談しないほうが無難です。会社に筒抜けになり、労組作りを邪魔されたり、逆に「本当の労働組合」の結成を恐れた会社と話を付けて、会社と一緒に上から命令して「名ばかり労働組合」「御用労働組合」を作る事もよくあります。これでは組合費だけとられて、職場の中はますます締め付けが厳しくなり、労働者は以前よりも自由に声も上げられない状態になってしまうのがオチです。


また、まともな労働組合では組合員同士差別をしてはいけません。ボスが支配するのも本当の労働組合とは言えません。
 正社員もパートも契約社員も派遣社員も、また日本人も外国人も、若い人も高齢者も、男性も女性も、健常者も障害者も、労働者を差別しないで助け合っている地域の労働組合を選びましょう。


 次に職場で組合への加入を呼びかけます。勿論、この段階でも会社には秘密です。仲間とひとりひとりじっくりと話込み、会社への不満・要求、残業代未払いや有給休暇を与えていないなどの会社の違法行為を調査していきます。


 仲間が増えたら結成大会です。組合規約採択と役員の選出、要求の決定です。
 

いよいよ、会社に労組結成の通告と要求提出と団体交渉の申し入れをします。

 
<みんなで討議、みんなで決定、みんなで行動>

 

シリーズ労働組合入門 〜その5 団体行動権

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

シリーズ労働組合入門 〜その5 団体行動権


労働相談センター・スタッフ日記より   
シリーズ労働組合入門


シリーズ労働組合入門 〜その5 団体行動権


労働組合には憲法28条で保障されている<団体行動権>が与えられています。

話し合い=団体交渉で解決すればそれにこしたことはありません。
しかし、皆さんよくご存じの通り、世の多くの強欲と横暴な経営者=資本家は、労働組合に対しても往々にして我儘を押し通そうとしてきます。その時はストライキに代表される団体行動権の行使が必要になります。職場や地域の人々にビラでの宣伝、集会、デモ・・・・そしてストライキ等労働組合として、会社の不当な姿勢に対抗するための行動が<団体行動権>です。時には、親会社や役員私宅への抗議要請行動もあります。

必要ならストライキなどの団体行動権を使える労働組合が本当の労働組合です。
今、「名ばかり労組」という組合費だけとったり、正社員だけしか入れなかったり、会社の代弁ばかり言ったり、会社の代わりに労働者を弾圧する労働組合がありますが、これら「名ばかり労組」に共通していることは、<団体行動権>を放棄していることです。

争議行為に対しては損害賠償請求はできない
労働組合法第8条では「使用者は、同盟罷業(ストライキ)その他の争議行為であって正当なものによって損害を受けたことの故をもって、労働組合又はその組合員に対し賠償を請求できることができない」とされています。
プロ野球選手の労働組合「プロ野球選手会」がストライキでたたたかった時、経営側の某ボスが「損害賠償で訴えてやる」と脅してきましたが、訴えることはもともとできるわけがなかったのです。プロ野球選手会は勝利しました。



シリーズ労働組合入門 〜その4 団体交渉権

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

シリーズ労働組合入門 〜その4 団体交渉権


労働相談センター・スタッフ日記より   シリーズ労働組合入門

シリーズ労働組合入門 〜その4 団体交渉権

 労働組合の持つ最大の武器の一つが「団体交渉権」です。

 不満を持つ労働者個人が会社との話し合いを繰り返し求めた時、それは往々にして「面会強要」とか「業務妨害」とされ排除されるのがオチです。

 しかし、労働組合からの話しあい請求を会社は拒否できません。労働組合がある限り会社は永遠に労働組合との話し合いを拒むことができません。それが団体交渉権です。

 労働組合が、会社に団体交渉を求める時、会社はそれを拒むことは法律違反となります。

 また、たとえ、一人でも東部労組組合員がいれば、その組合員が所属する会社が東部労組との団体交渉を拒むことは不当労働行為となります (労働組合法第7条 「二 使用者が雇用する労働者の代表と団体交渉をすることを正当な理由がなくて拒むこと」をしてはならない)。

 また、労組側の交渉メンバーは、労組が委任さえしていれば誰でもなれます。会社が違っても組合員同士で団体交渉に出れます。

 団体交渉のテーマも組合員の労働条件に関することであれば会社は拒否できません。

 人間何事も、まずは話し合いです。本来、労使が対等な立場で誠実に話し合えば解決できない問題などないはずです。  

 だから「団体交渉」を手にすることは労働条件の改善のためには、どうしても必要なことなのです。

 ただし、わがままな会社によっては、「団体交渉」すら拒んだり、形だけの開催で中身は不誠実な団交を続ける等の例も時にはあります。そのために「団体行動権」の行使が認められています。これは次回で説明します。


職場で仲間と団結して
労働組合を結成し、


団体交渉を実現しましょう!


シリーズ労働組合入門 〜その3 団結権

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

シリーズ労働組合入門 〜その3 団結権


労働相談センター・スタッフ日記より  
シリーズ労働組合入門


シリーズ労働組合入門 〜その3 団結権


会社のパワハラがひどい、有給休暇もない、残業代もださない・・・・会社の横暴。権力も財力も持ち、管理職もついている会社に対して、労働者がたったひとりで立ち向かったり、交渉することは望むべくもありません。

だから、労働者は職場の多数の仲間と団結してたたかいます。


<団結>
職場の仲間と団結して労働組合を立ち上げる。これが団結です。もう一つは、地域にある全国一般東京東部労組のような労働組合にみんなで加入して「支部」を作る。これも労働者同士の団結です。

憲法第28条でも、「勤労者の団結する権利及び団体交渉権その他の団体行動権をする権利は、これを保障する。」とされています。

労働者は団結して「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである(労基法第二条)」を会社に守らせることができます。

 会社は労働者が団結して強くなることを嫌い恐れています。そこで、法律では会社側による労働者の団結を壊す行為=不当労働行為を禁じています(労組法第7条) 。


組合づくりの相談
しかし、職場に労働組合をつくるといっても、はじめてのことでどうしていいか分からなくなったり、不安がつきまとうのは当然です。労働組合を作るにはそれなりの知識と経験が必要です。全国一般東京東部労組では、いままでの組合づくりの経験と知識をいかして、当事者の立場にたった相談にのり、組合づくりからその後の活動まで親身に援助、協力するようにしています。

(遠方の方には、その地方の労働組合を紹介しています。)


シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜

JUGEMテーマ:社会の出来事


シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜


労働相談センター・スタッフ日記より   シリーズ労働組合入門


シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜



「経営者=社長も同じ人間だ。話せば分かってくれる」と思っている方は多いと思います。
しかし、経営者と労働者は根本的に立場が違うのです。


何が違うかって?それはひと言で言うと「メシの食い方が違う」ということです。


「自分で労働をして賃金をもらい、生活していくのが労働者」
「他人=労働者を働かせて利潤=もうけをかせぎ、それで生活するのが経営者」
なのです。


また、
「利潤を得るための生産手段=機械・設備・派遣会社で言えば労働者そのものなどを所有しているのが経営者」
「生産手段をなにも持っていないのが労働者」
ということもできるでしょう。


経営者は利潤を得るためには手段を選びません。なので、自分の利害と対立することをもっとも恐れます。

労働者が団結して労働者の権利を主張することを嫌がります。なので、それをさせないためには、例えば「今までは自分が悪かった。これからはみんなの意見を聞いてやっていく」と労働者の前で「土下座」だってするでしょう。それが一つの「方法」なのですから。


みなさん、くれぐれもだまされないようにご注意を! 

シリーズ労働組合入門 〜その1 第3の選択肢

JUGEMテーマ:社会の出来事


 

シリーズ労働組合入門 〜その1 第3の選択肢


労働相談センター・スタッフ日記より   シリーズ労働組合入門


「第3の選択肢」



長時間労働、サービス残業、有給休暇とれない、などなど、会社で問題に直面した場合、みなさんはどうしますか?

1.会社とケンカして辞める

2.泣き寝入りする

実際、このどちらかがその時点での「選択肢」になってしまうのでしょうか。

しかし、「第3の選択肢」があるのです
それは、「会社に残って労働組合をつくって闘い、違法状態を是正させ、働きやすい職場にして働き続ける
というものです。

労働組合は法的に保護されています。
労働組合をつくったことでの不利益取扱(解雇、賃下げ、配転など)は「不当労働行為」として禁止されていますし(労働組合法第7条1号)、労働組合の申し入れた交渉=「団体交渉」を会社は拒否することができません(同2号)。

つまり、労働組合という「武器」を背景に会社と対峙することができるということなのです。
いったんその会社を辞めてしまえば、新しい会社に入ったとしても、また「ゼロ」からのスタートです。
賃金が下がることもあるでしょう。

であれば、その会社に居つづけながら職場環境の改善をかちとっていく方が「得策」と言えるのかもしれません。現在職場での問題をかかえ、1.2.の選択肢を考えているみなさん、ぜひ「第3の選択肢」という言葉を忘れないでください。

そして、私たち全国一般東京東部労組にご相談を!

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM