メーデー | 奈労連・一般労組支援 上田公一

残業上限「月100時間未満」導入を批判 メーデー

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

残業上限「月100時間未満」導入を批判 メーデー

朝日新聞デジタル 5/1(月) 18:18配信より引用掲載

 メーデーの1日、全国各地で集会やデモ行進があった。東京・代々木公園であった全国労働組合総連合(全労連)の中央集会には約3万人(主催者発表)が参加。小田川義和議長は、残業時間に「月100時間未満」などの罰則付き上限規制を導入することを決めた政府の「働き方改革実行計画」を「非人間的な働き方の現状を改善するものではない」と批判。国会で審議中の「共謀罪」法案を「廃案に追い込もう」と呼びかけた。

 全国労働組合連絡協議会(全労協)も東京・日比谷公園で集会を開いた。

朝日新聞社


連合は29日、総評は5月1日 京都のメーデー

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

連合は29日、総評は5月1日 京都のメーデー

京都新聞 4/28(金) 16:10配信より引用掲載

 連合京都と京都総評は、ゴールデンウイーク期間中に相次いでメーデーを開く。広告大手、電通の違法残業事件を受け、連合京都は長時間労働是正に向けた取り組みを強化する特別決議を、京都総評は政府が進める「働き方改革」を批判する宣言をそれぞれ採択する予定。「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案への反対をいずれも訴える。
 連合京都の「京都中央メーデー」は29日午前10時から京都市下京区の梅小路公園で開かれる。特別決議のほか、働く者の連帯で暮らしの底上げを実現する宣言を採択する。
 廣岡和晃事務局長は「第一に労働法制問題を訴え、解雇の金銭解決の動きなどにも断固反対する。弁護士会と連携して『共謀罪』の阻止を目指す」と話す。このほか、同日に宇治市など3カ所、翌30日に福知山市など2カ所で地域メーデーを開く。
 京都総評の「全京都統一メーデー大会」は5月1日午前10時から、京都市中京区の二条城前広場で開かれる。長時間労働の是正や労働者の賃金引き上げのほか、組織犯罪処罰法改正案や憲法改正への反対、安倍内閣の退陣を訴える。「全国過労死を考える家族の会」の寺西笑子代表らも出席する。
 池田和弘事務局長は「『共謀罪』や過労死問題などを重点的に訴えたい」と話す。当日はこのほか府内11カ所で統一メーデーを開く。


長時間労働の撲滅訴える メーデー中央大会

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

長時間労働の撲滅訴える メーデー中央大会

 

日本テレビ系(NNN) 4/29(土) 15:45配信より引用掲載

 

 29日、労働組合の全国組織「連合」のメーデー中央大会が開かれ、神津会長が長時間労働の撲滅などを訴えた。

 連合・神津里季生会長「長時間労働の撲滅、ディーセント・ワーク(働きがいのある仕事)の実現。社会の分断を防ぎ、誰もが安心して働き暮らせる平和な世の中をつないでいくことは各国共通の課題です」

 東京の代々木公園で開かれたメーデーの中央大会で、連合の神津会長はこのように述べ、長時間労働や過労死をなくし、暮らしの底上げと格差の是正を訴えた。

 また、一連の熊本地震の被災から1年がたった熊本で、いまも多くの人が生活再建のメドが立っていない現状が報告された。

 29日の大会には、連合の発表で約4万人が参加し、連合が支持する民進党の蓮舫代表や塩崎厚生労働相のほか、東京都の小池知事が都知事としては猪瀬直樹氏以来、4年ぶりに出席した。


全労連の中央メーデー 最低賃金引き上げなど訴え

JUGEMテーマ:社会の出来事
 

全労連の中央メーデー 最低賃金引き上げなど訴え

メーデーの1日、各地で労働組合の集会が開かれ、全労連の中央メーデーでは最低賃金の引き上げや、労働法制の見直しへの反対などを訴えました。

東京・渋谷区の代々木公園で開かれた全労連の中央メーデーには、全労連の発表でおよそ3万人が参加しました。
全労連の小田川義和議長は「今の政治では正社員は増えず、賃金の格差が是正されない。人間らしく、いきいきと働き、暮らし続けられる社会に転換する闘いの決意を改めて確認しよう」と訴えました。集会では、春闘での大幅な賃上げや最低賃金の引き上げのほか、解雇の金銭解決などの労働法制の見直しに反対することなどを盛り込んだメーデー宣言を採択しました。
参加した印刷会社で働く26歳の女性は「賃金が低いので将来が不安です。私は正社員ですが友だちには非正規雇用の人もたくさんいます。全国的に最低賃金を引き上げていくことが大切だと思います」と話していました。また、タクシー運転手の63歳の男性は「国の規制緩和以降、賃金が下がり、生活が苦しくなっています。命を乗せて走る運転手の労働環境を守るためにも適正な規制をもうけてほしい」と話していました。

共産党の志位委員長は、東京都内で開かれた全労連の中央メーデーであいさつし、「安倍政権の暴走は、TPP問題でも、原発問題でも、沖縄問題でも、あらゆる分野で行き詰まり、大破綻だ。一刻たりとも、戦後最悪の内閣に、日本の政治のかじ取りを任せるわけにはいかない。野党と市民の共闘を必ず成功させ、選挙に勝ち、安倍政権を倒し、立憲主義、民主主義、平和主義を貫く、新しい政治、新しい政府をつくろう」と述べました。


shinyaの写真報告 : 日比谷メーデー

JUGEMテーマ:社会の出来事
 

shinyaの写真報告 : 日比谷メーデー


レイバーネット日本より引用掲載
 

↓井上久さん・ 中央メーデー実行委員会から連帯の挨拶

↓福島瑞穂参議院議員・来賓の挨拶

↓大場康智さん・荒川区図書館非常勤職員労組

↓池原ジョセフィンさん・全統一労組外国人労働者分会

↓野沢智子さん・全国一般東京労組全労コンチネンタル分会

↓菱山南帆子さん・5.3憲法集会実行委員会

↓金澤壽全労協議長の団結がんばろう



メーデーの集会、大阪でも

JUGEMテーマ:社会の出来事

メーデーの集会、大阪でも

毎日放送 5月1日(日)16時33分配信より引用掲載

 労働者の祭典=メーデーの1日、連合大阪と大阪労連がそれぞれ大阪市内で集会を開き、格差の是正などを訴えました。

 連合大阪の集会は、午前10時から大阪市中央区の大阪城公園で開かれました。

「アベノミクスの弊害がどんどん大きくなってきていて、働く人がきちんと報われる社会になっていない」

 格差是正や雇用の安定、社会的セーフティネットの拡大強化などを呼びかけ、メーデー宣言を採択しました。

 一方、大阪労連の集会は、午前9時から大阪市北区の扇町公園で開かれました。

「今、我が国の労働者の置かれている状況は、改善されるどころか悪化の一途をたどっている」

 参加者は、大幅な賃上げや社会保障制度の充実などを求めるメーデー宣言を採択した後、デモ行進に出発しました。


<メーデー>「共闘」「総結集」訴え…全労連と全労協

JUGEMテーマ:社会の出来事

<メーデー>「共闘」「総結集」訴え…全労連と全労協

毎日新聞 5月1日(日)21時28分配信より引用掲載

 労働者の祭典「メーデー」の1日、全労連(小田川義和議長)と全労協(金沢寿<ひさし>議長)は東京都内で第87回中央メーデーを開いた。メーデーは1989年から連合、全労連、全労協のメーデーに3分裂したが、この日全労連と全労協はそれぞれ事務局長が相手メーデー集会を訪れた。参院選で野党統一候補擁立に向けた協議が進む中、労働組合も動き始めた。

 全労連は渋谷区の代々木公園で開催し約3万人(主催者発表)が集まった。小田川議長は「四半世紀を越えて新たな歴史の一ページ。共闘の積み重ねが変化につながった」と安全保障関連法などで共闘したことを強調した。全労協の中岡基明事務局長は「平和と民主主義のため、持てる力を総結集しよう」とあいさつした。

 全労協は日比谷公園で開催し、約7500人(同)が参加。全労連の井上久事務局長が「労働運動の存在意義が問われている」と両組織の共闘を訴えた。【東海林智】


代々木公園の中央メーデーには28000人

代々木公園の中央メーデーには28000人


レイバーネット日本より引用掲載


5月1日、東京・代々木公園で開催された中央メーデーにはおよそ28,000人が集まり、安倍政権下ですすむ労働者の権利削減にストップをかけようと訴えた。集会後、参加者は三コースにわかれて都内をデモ行進した。デモ隊は、集団的自衛権行使の反対や秘密保護法の廃止などを呼びかけた。出発地点の代々木公園では、隣接するNHKを通過中「籾井はいますぐ辞めろ!」などのコールが響く一幕もあった。(松元ちえ)

 


自由と生存のメーデー

レイバーネット日本より引用掲載



より5月2日、「反富裕 Life is a Scandal」を掲げる「自由と生存のメーデー2015」が東京渋谷の街を約2時間半、デモ行進を行った。呼びかけはフリーター全般労働組合、主催は自由と生存のメーデー2015実行委員会。

毎年、メーデー前後の土曜日に若者たちを中心として行われている「自由と生存のメーデー」は、今年は120人以上の「ゾンビ」を集め、ショッピング客や外国からの観光客で賑わう原宿・渋谷の繁華街をデモ行進した。 このゾンビのメイクは、金持ちには「死んだ奴ら」のように思われている貧しい若者たちのすでに死んでいるような生活を、死にながらも生きる「ゾンビ」に見立てたものだ。

神宮橋の上でスタート前の集会では、反貧困活動家の雨宮処凛さんをはじめ、麻生邸リアリティツアー訴訟団やAPFS、野宿者支援団体などからのアピールがあった。 1時過ぎにスタートしたデモ行進は、夏のような日差しの下、「ゾンビ」のメイクで「消費税を廃止しろ、税金は金持ちから取れ」、「相続税を100%にしろ」、「グローバル資本主義反対」、「路上解放、公園解放」、「人に迷惑をかけるぞ」、「死んでも生きるぞ」などのシュプレヒコールを上げながら、原宿駅からNHK前、PARCO前、渋谷駅前、宮下公園を通り、表参道、原宿、千駄ヶ谷区民会館まで、約4キロを歩いた。 途中、宮下公園前では、公園の閉鎖に反対するグループとエールの交換を行い、またマクドナルドの前では「時給を上げろ」、ナイキの前では「公園を返せ」などのシュプレヒコールが上がった。

この後、自由と生存のメーデーは午後6時から千駄ヶ谷区民会館で「ピケティっておいしいの?」というタイトルで、現在の資本主義の矛盾に関する集会を開く。

















皆様へ東部労組の長崎広です。

  皆様へ


東部労組の長崎広で


す。


レイバーネット日本より引用掲載


昨日2015年5月1日メーデー、全国一般東京東部労組大久保製壜支部は、18年ぶり

24時間

ストライキに立ち上がりました。

ご存じの通り、21年9ヵ月間の大久保製壜闘争のきっかけの一つに、多くの障害者を

虐待し、12時間、13時間の長時間などの過酷労働による酷使がありました。

闘いの中で4直3交替などの労働条件の改善も実現し、会社もようやく反省して

全面和解協定が結ばれましたが、ここにきて、検査課職場に入れた請負会社を通して

12時間シフト制の2組交替制を導入してきたのです。大久保製壜支部は、この一年間、

職場の非正規の仲間たちと団結しながら、東部労組本部菅野委員長も参加した団体交渉や

労使協議会の場で「8時間労働制を守れ」「12時間シフト制導入反対」「21年9ヵ月の

大争議を再開するつもりか」と必死に訴えてきましたが、会社は居直るばかりで支部の

声には一向に耳を傾けません。ついに東部労組大久保製壜支部と東部労組本部は、

昨日5月1日、18年ぶりのストライキを決行しました。日比谷メーデーの集会とデモ

に続き、13時頃から大久保製壜所前には東部労組各支部や地域の多くの仲間たちが

ぞくぞくと集まり、支部のストライを全力で応援し、「8時間労働制を守れ」

「非正規労働者への12時間シフト制反対」と力強くシュプレヒコールを繰り

返しました。

その様子の動画です。ぜひご覧ください。

動画・5/1大久保製壜支部24時間ストライキ。会社は、検査課への12時間シフト導入を

やめろ!
https://youtu.be/hnac0pywaGg

ブログ「労働相談センター・スタッフ日記」
http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/21c3c81e4df6fb1e083caed16b67ce28

*写真下=shinya






****************************************************************
2015年5月1日

株式会社大久保製壜所
代表取締役社長 大久保 保殿

全国一般東京東部労働組合
執行委員長 菅野 存
同大久保製壜支部
委員長 金沢 新悦

検査課職場への12時間シフト導入に関する抗議並びに申し入れ



21年9ヵ月間の大久保製壜闘争の争議のきっかけの一つに、多くの障害者への差別虐待、1
2時間、13時間の長時間などの過酷労働による酷使があった。闘いを通じて4直3交替など
の労働条件の改善もされ、全面和解協定が結ばれた。しかし、会社は、昨年6月から検査
課業務の請負会社への外注化を強行し、その請負会社を通じて検査課職場に12時間シフト
制の2組交替制を大々的に導入してきた。しかも、検査課で長年派遣社員として働き、よ
うやく大久保製壜所の直接社員となれた仲間たちをその請負会社へ移籍させたのだ。

しかも、大久保製壜所が転籍に伴い発行した当時の書類には、「所定労働時間10時間30分
」「早番(8:00〜20:00)または遅番(20:00〜翌8:00)の何れかを選択」「一日2.5時間の固
定残業」「シフト制(5勤2休)」「時給1100円」等と記載されていた。

職場の労働者からの訴えを受け驚いた大久保製壜支部は、「一日2時間30分の固定残業」
「所定労働時間10時間30分」そのものが重大な違法行為であり、そもそも長年の労働争議
のすえ、向島労基署からの数々の是正勧告の中で実現した4直3交替勤務を否定する12時間
シフトを検査課に導入する行為は絶対に許されることではない。しかも、下請け・非正規
の仲間たちを使っての検査課職場への12時間拘束シフトの導入は卑劣なやり方以外何物で
もないと強く抗議した。しかし、会社はなんと「10時間30分の所定労働時間、固定残業は
無くします。これからは『全て自由残業です』。残業には残業代を払います。36協定も結
んでいます。」と言い換えてきた。しかし、シフトは今まで通りの12時間拘束の早番・遅
番制だ。実態は何一つ変わらない。

検査課職場は、夏は40度以上の過酷な労働条件下である。4直3交替勤務ですら辛いのに、
毎日12時間拘束の上、昨年の8月には14日間連続勤務を強いたり、機械に指を挟み骨折し
た労働者を一日も休ませず働かせたり、「自由残業」とは名ばかりの毎日2時間30分の残
業。これではかつての労働者虐待・酷使職場の復元そのものではないか。つい数日前にも
、以前骨折事故を起こした同じ機械に労働者が指を挟まれ怪我を負う労働災害が再び発生
した。労働安全衛生管理の観点から見ても大久保製壜所にも重大な責任があることは明ら
かである。

大久保製壜支部は、この一年間、職場の非正規の仲間たちと団結しながら、東部労組本部
菅野委員長も参加した団体交渉や労使協議会の場で「8時間労働制を守れ」「検査課職場
への12時間シフト制導入反対」「21年9ヵ月の大争議を再開するつもりか」と必死に訴え
てきたが、会社は居直るばかりで支部の声には一向に耳を傾けてこない。

東部労組大久保製壜支部は、本日2015年5月1日朝7時より、会社への抗議の24時間ストラ
イキを決行している。

今年は、1975年大久保製壜闘争開始・キリスト教会籠城闘争から40周年である。会社は、
21年9ヵ月の歴史を無駄にしてはならない。闘いの中で実現した8時間労働制、4直3交替を
守るべきである。

8時間労働制の歴史も同様である。8時間の労働、8時間の睡眠、8時間の生活時間。これが
世界中の決まり事とされている「8時間労働制」である。世界では1886年8時間労働制を要
求したアメリカシカゴの35万人労働者のストライキに、悪虐非道な資本家と政府は、労働
組合リー
ダーの死刑などの大弾圧で応えてきた。しかし、世界の労働者は決してこの弾圧に負けな
かった。8時間労働制を要求する世界一斉メーデーで決起した。これが1890年の第一回メ
ーデーである。戦前の日本政府も、団結禁止法の治安警察法や治安維持法で数十万人を逮
捕し、プロレタリア作家の小林多喜二を拷問で殺すなど、あくまで8時間労働制に反対し
てきた。

しかし、日本でも戦前多くの先輩労働者が8時間労働制を求めてストライキに立ち上がり
、数限りない大争議を闘い抜いた。だからこそ1945年の労組法と1947年の8時間労働制の
労基法と憲法、1997年の週40時間制は日本や世界の先輩労働者の血と汗の結晶なのだ。

会社は、大久保製壜闘争21年9ヵ月の歴史とこの8時間労働制の世界と日本の歴史を決して
無視してはならない。労働者を馬鹿にし、労働者を甘く見て、労働者を怒らせてはならな
い。

検査課職場への12時間シフト導入をただちにやめ、8時間労働制を守るべきである。

以上


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM