「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 麻生副総理、国会で国鉄分割・民営化の誤りを認める | main | 労働環境改革に70億円=過労自殺受け、人員増へ―電通 >>

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 

「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴

 

産経新聞 2/13(月) 17:18配信より引用掲載

 

 パワハラで精神疾患になり働けなくなったなどとして、漫画誌「ガロ」を発行していた出版社「青林堂」(東京都渋谷区)の男性従業員(48)=休職中=が13日、青林堂と社長らを相手取り、慰謝料や未払い賃金計約2000万円を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状などによると、男性は「ガロ」の営業部長を務めた後に退社。平成26年6月に再び入社したが、労働組合に加入したことを理由に解雇された。

 東京地裁で解雇無効となり27年10月に復職したが、他の従業員から隔離され、社長から「お前がばかだからできない」「左翼だ」「君の名前も公安に知らせてる」などの発言や不当な業務命令を受けたという。男性は28年2月に鬱病と診断され休職している。

 提訴について、青林堂は「訴状を受けとっておりませんので、コメントは差し控えます」としている。


スポンサーサイト

  • 2017.10.20 Friday
  • -
  • 05:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM