労働環境改革に70億円=過労自殺受け、人員増へ―電通 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 「左翼だ」「公安に知らせてる」パワハラで鬱病に 出版社に慰謝料求め提訴 | main | 東部2/9 労組メトロコマース支部 裁判所アピール行動を実施 >>

労働環境改革に70億円=過労自殺受け、人員増へ―電通

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 

労働環境改革に70億円=過労自殺受け、人員増へ―電通

時事通信 2/14(火) 19:18配信より引用掲載

 大手広告代理店の電通は14日、新入社員の過労自殺問題を踏まえ、2017年に社内の労働環境改革費用として約70億円を投資すると発表した。

 200人規模の人員増や一部業務の機械化、デジタル広告分野の人材育成などを行う。同日行った16年12月期の決算発表の中で明らかにした。

 16年12月期の連結業績は増収増益だった。しかし、改革投資を実施することなどで、国内事業を中心とする電通単体の17年12月期業績は減収減益となる見通し。記者会見した山本敏博社長は「(減収減益は)じくじたる思いだが、中長期の成長のため必須のプロセスだ」と述べた。

 電通は今後2年間で改革を実行するため、4月をめどに具体的な施策を策定する。山本社長は「法令順守と社員の健康が品質や業績の向上に連関していくサイクルをつくる」と話し、「これができて初めて改革が成し遂げられることになる」と強調した。 


スポンサーサイト

  • 2017.05.26 Friday
  • -
  • 10:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM