<ミスド過労死>4600万円賠償が確定 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 東部2/9 労組メトロコマース支部 裁判所アピール行動を実施 | main | JALの組合つぶし「整理解雇」を許さない!〜7年目のたたかいに向けて >>

<ミスド過労死>4600万円賠償が確定

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

<ミスド過労死>4600万円賠償が確定

 

毎日新聞 2/16(木) 21:18配信より引用掲載

 三重県内の「ミスタードーナツ」フランチャイズ店の男性店長(当時50歳)が過労死したとして、経営する同県四日市市の製菓会社「竹屋」と社長らに遺族が約9600万円の賠償を求めた訴訟は15日付で、約4600万円の支払いを命じた津地裁判決(1月30日)が確定した。遺族側、竹屋側とも期限の14日までに控訴しなかった。

 男性は2012年5月、通勤中に致死性不整脈で死亡した。判決は発症前半年間の時間外労働時間を平均で月112時間と認め「心身に負荷がかかり不整脈を発症して死亡に至った」と判断した。

 竹屋の代理人弁護士は「判決が認定する労働時間にいささか不満はあるが、本人が亡くなったことは非常に痛ましく、遺族のことを考えて控訴しなかった」とコメントした。【山本萌】

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.05.26 Friday
  • -
  • 23:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM