全国一般東京東部労組の須田です。 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< ヤマト運輸に是正勧告、横浜の支店で違法残業…元運転手「ずっと昔からブラック」 | main | ベア、過去4年で最低に=大手企業が一斉回答―17年春闘 >>

全国一般東京東部労組の須田です。

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

全国一般東京東部労組の須田です。

 

レイバーネツトより引用掲載

東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース
支部が正社員との賃金差別をなくすために起こした裁判の判決が3月23日(木)
午後1時10分に東京地裁709号法廷で言い渡されます。

当日は正午から裁判所正門前でアピール行動を行い、判決言い渡し後の午後2時
30分から裁判所近くの日比谷図書館地下のコンベンションホールで報告集会を行
います。みなさんの参加を呼びかけます。

東京メトロの100%子会社であるメトロコマースの駅売店では、非正規労働者が
正社員と同じ売店で同じ仕事をしているにもかかわらず、各種手当を含めた月例
賃金、賞与、退職金、果ては残業代の割増率や褒賞(ほうしょう)金の有無にま
で大きな格差がつけられています。

その結果、駅売店で働く非正規労働者はフルタイムで働いても月の手取りが13万
円台という貧困状態に置かれています。差別によって人間としての尊厳も日々奪
われています。

そこでメトロコマース支部は2014年5月1日に労働契約法20条違反などを理由に
損害賠償請求の裁判を東京地裁に起こしました。

労働契約法20条は、期間の定めのある労働者(非正規労働者)と、期間の定めの
ない労働者(正社員)との労働条件の違いが「不合理と認められるものであって
はならない」と定めた法律です。

メトロコマースの場合、駅売店の販売員であれば正社員も非正規労働者もまった
く同じ仕事で、多くは配転や出向もなく定年退職していきます。ここに大きな賃
金格差を設ける必要性は一切ありません。

裁判でも会社側の主張は、結局、「制度が違うから」ということに尽きます。し
かし、その制度自体が差別だと訴えている非正規労働者にとって何の反論にもな
りません。

万が一にも、こんな会社の理屈が裁判で通るのなら、非正規労働者を低賃金で堂
々と使うことができるというお墨付きを世の中の経営者に与えてしまいます。こ
れが差別を追認するだけではなく、社会に差別を拡散することになるのは火を見
るよりも明らかです。

裁判所は今こそ社会にはびこっている非正規労働者への差別を断ち切る判決を出
すべきです。すべての労働者は判決日、裁判所に押しかけよう!

【東部労組メトロコマース支部非正規差別なくせ裁判3/23判決日の行動スケ
ジュール】

・12:00〜 東京地裁正門前アピール行動(30分程度で終了予定)

・13:10〜 判決言い渡し(東京地裁709号法廷)

・14:30〜 判決報告集会(日比谷図書館地下コンベンションホール)

※ 労働組合の方はできるだけ組合旗をご持参してお集まりください。

 


スポンサーサイト

  • 2017.04.20 Thursday
  • -
  • 19:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM