「生活できる賃金よこせ!」〜エキタスの新宿デモに労組・市民が1500人 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 「残業の上限、考え直して」…過労死遺族、経団連・連合の前で涙の訴え | main | 埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 >>

「生活できる賃金よこせ!」〜エキタスの新宿デモに労組・市民が1500人

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

「生活できる賃金よこせ!」〜エキタスの新宿デモに労組・市民が1500人

レイバーネツト日本より引用掲載

 

 

動画(6分41秒)

 「エキタス」はラテン語で社会正義・公平の意味。若者が中心になって「最低賃金1500円」を訴えるこのデモも6回目。今回は広く労組に参加を呼びかけ、組合旗もOKになった。4月15日、東京・新宿中央公園には連合・全労協・全労連・中立系の労働者が潮流をこえて集まり、これまで最高の1500人に膨れあがった。

 雨宮処凛さんは「組合旗も色とりどりで綺麗ですね。こんなに沢山は初めて。エキタスをきっかけに労働運動が一つになって盛り上がるといい」と期待感をにじませた。一人で来ていた20歳台の女性は、「ツイッターで知って初めて参加した。私の回りでもアルバイト暮らしで大変苦労している。生活の水準がもっと上がってほしい」と語ってくれた。「組合旗が多いことに違和感はないですか?」の質問に対しては、「これだけ同じ思いの人がたくさんいてホッとしました」との答え。たたかう組合への期待があるのだろう。赤・青・緑・白・黄・橙、林立するカラフルな組合旗がたくましくみえた。(M)

エキタスHP


スポンサーサイト

  • 2017.09.25 Monday
  • -
  • 08:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM