涙の訴え「死んだら楽に」ハローワークでパワハラか | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 「始業5分前体操」でスズキに是正勧告…始業前の体操や朝礼は「労働時間」になる? | main | <働き方改革>「残業しわ寄せ」に苦しむ中小企業の対応 >>

涙の訴え「死んだら楽に」ハローワークでパワハラか

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

涙の訴え「死んだら楽に」ハローワークでパワハラか

8/10(木) 18:40配信より引用掲載

テレ朝 news

 Nippon NewsNetwork(ANN)

 静岡市のハローワークで女性職員がパワハラを受けたとして、国と元上司の男性に損害賠償を求めて提訴しました。

 国と元上司を提訴したハローワーク職員(40代):「死んだら楽になるのかと考える日々が今、現在も続いています」
 訴状によりますと、女性はおととし1月、当時50代の男性上司から腕を3回、拳で殴られたなどとしています。その後、謝罪がなく、元上司への処分も出ないことから元上司と国に対し、慰謝料など約630万円の損害賠償を求めています。静岡労働局は「パワハラを指導する労働局で、パワハラが起きたことは遺憾」などとし、パワハラの事実を認めています。

スポンサーサイト

  • 2017.08.17 Thursday
  • -
  • 01:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM