ニッセン元パート3人、福岡地裁に雇い止め無効申し立て | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< 「なくそう貧困」広島でも生存権確立めざし集会 | main | いすゞ自動車:派遣社員解雇 子会社勤務の解雇男性に賃金支払い命令−−横浜地裁 >>

ニッセン元パート3人、福岡地裁に雇い止め無効申し立て

JUGEMテーマ:社会の出来事
 

ニッセン元パート3人、福岡地裁に

雇い止め無効申し立て


 通販大手「ニッセン」(本社・京都市)を2月に雇い止めされた元パート従業員の男女3人が31日、「解雇権の乱用で、雇い止めは無効」として、同社を相手取り、地位確認と3月以降の賃金支払いなどを求める労働審判を福岡地裁に申し立てた。

 申し立てた3人は、福岡県在住の40〜50歳代。

 申立書などによると、3人は、福岡市早良区にある同社のコールセンターで、商品の注文などの電話受け付けを担当。契約期間は6か月間で、3人は雇い止めになるまで、15〜6回にわたり契約を更新していた。

 しかし、会社側は今年1月、「ほかのセンターより営業実績が悪い」などとし、元従業員らに2月10日の契約期限で契約を更新せず雇い止めにすると通告。元従業員らは撤回を求めたが、会社側は業績悪化などを理由に応じなかったという。

 元従業員側は「短期労働契約が反復更新されていた場合、雇い止めは解雇権の乱用にあたる」などと主張。会社側が復職を認めない場合は、解決金として1人当たり賃金1年分と慰謝料にあたる計約200万円の支払いを求めている。

 申し立てた男性(53)は記者会見で「会社からは謝罪も納得できる説明もない。だれかが立ち上がらないと雇い止めが続くと考えた」と話した。

 ニッセンは「事前に労働局や顧問弁護士と相談した上、法律にのっとり適切に対応している」とのコメントを出した。

2009年3月31日  読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2017.03.24 Friday
  • -
  • 21:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ニッセンは改革できない会社、何故なら、豊田自動織機の影響力が強く、社内悪に直面しても、処世術で見ぬふりをしなければならない。
しかも、能力の劣った管理職層が悪しき事なかれ主義を蔓延させているからだ。
  • タカハタ
  • 2015/07/31 11:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM