シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜 | 奈労連・一般労組支援 上田公一
<< シリーズ労働組合入門 〜その1 第3の選択肢 | main | シリーズ労働組合入門 〜その3 団結権 >>

シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜

JUGEMテーマ:社会の出来事


シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜


労働相談センター・スタッフ日記より   シリーズ労働組合入門


シリーズ労働組合入門 〜その2 経営者と労働者〜



「経営者=社長も同じ人間だ。話せば分かってくれる」と思っている方は多いと思います。
しかし、経営者と労働者は根本的に立場が違うのです。


何が違うかって?それはひと言で言うと「メシの食い方が違う」ということです。


「自分で労働をして賃金をもらい、生活していくのが労働者」
「他人=労働者を働かせて利潤=もうけをかせぎ、それで生活するのが経営者」
なのです。


また、
「利潤を得るための生産手段=機械・設備・派遣会社で言えば労働者そのものなどを所有しているのが経営者」
「生産手段をなにも持っていないのが労働者」
ということもできるでしょう。


経営者は利潤を得るためには手段を選びません。なので、自分の利害と対立することをもっとも恐れます。

労働者が団結して労働者の権利を主張することを嫌がります。なので、それをさせないためには、例えば「今までは自分が悪かった。これからはみんなの意見を聞いてやっていく」と労働者の前で「土下座」だってするでしょう。それが一つの「方法」なのですから。


みなさん、くれぐれもだまされないようにご注意を! 

スポンサーサイト

  • 2017.10.20 Friday
  • -
  • 10:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM