奈労連・一般労組支援 上田公一
プロフィール
全労連 奈労連・一般労組
奈労連・一般労働組合
規  約
第 1条(名称・所在地)
1.この組合は、奈労連・一般労働組合(略称:奈労連・一般労組)と呼ぶ。
2・組合事務所の所在地は、奈良市西木辻町200−27  新谷ビル2Fとする。
第 2条(目的)
組合は、団結と相互扶助の精神により組合員の生活と権利、労働条件を維持改善し、経
済的社会的地位の向上を図ることを目的とする。
第 3条(組合員)
1.組合員は、規約を認めて、加入を希望する労働者によって組織する。
ただし、使用者の利益を代表する者等、組合が除外を適当と認めたものは除く。
2.組合員は、何人もいかなる場合においても、人種、宗教、性別、門地または、身分によ
って組合員たる資格を奪われない。
第 4条(権利)
組合員は、組合のすべての問題に参与する権利及び均等の取り扱いを受ける権利を有す
る。           ・
第 5条(義務)
組合員は、すべて次の義務を負う。
(1)規約及び大会の決議に従うこと。
(2)組合費の納入、機関で決定したその他賦課金を納めること。
(3)規約に基づく会議への出席。
(4)組合の機密をもらさないこと。
第 6条(加入の手続き)
組合に加入するときは、所定の加入申込書に必要事項を記載のうえ、執行委員長に提出
し、執行委員会の承認を得るものとする。
第 7条(機関)     、
組合は次の機関を置く。
大会、職場委員会、執行委員会、会計監査
大会は最高の決議機関とし、少なくとも年1回め開催とする。
第 8条(役員)
1.役員は、委員長、副委員長、書記長、執行委員、会計、会計監査、特別執行委員とする。
2.役員は、組合員の直接無記名投票により、選挙される。
詳細は、選挙管理委員会規定に定める。
第 9条(組合費)
組合費は、1ケ月について月収の1%とする。なお、大会で認められた時は、臨時に徴
収することができる。一時金についても1%とする。
※ 毎月の1%の基準は、割増貸金の基礎となる貸金総額の1%とする。
例)基本給+皆勤手当+特殊作業手当など
但し、家族手当、通勤手当など(家庭の条件が異なるもの)は含まない。
第10条(会計年度)
1.本組合の会計年度は、7月1日より翌年の6月30日までとする。
2.会計報告は、組合員によって委嘱された職業的に資格がある会計監査人による正確であ
ることの証明書とともに、毎年1回、組合員に公表する。
第11条(同盟罷業)
同盟罷業の行使は、組合員の直接無記名投票により、その過半数の決定を経なければ開
始しない。
第12条(解散)
本組合の解散は、全組合員の直接無記名投票により、組合員の4分の3の支持を得なけ
れば解散する事ができない。
第13条(規約の改廃)         ヾ
本規約は、全組合員の直接無記名投票による過半数の支持を得なければ、改廃すること
ができない。
第14条(細則の取り扱い)
規約に基づく細則は、別途、組合員の総意に基づいて定める。
付 則
本規約は、1991年5月1日より施行する。
く改正〉 1998年6月27日に一部改正する。
1999年7月10日に一部改正する。
2002年7月13日に一部を改正する。
2003年7月12日に一部を改正する。
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM